2019
08.21

メディア掲載情報 NICE TOWN 9月号

8月20日発売NICE TOWN 9月号「43周年の感謝を込めた大感謝号」の食で香川を盛り上げる「新世代の店主」特集に見開きページにて掲載して頂きました。

今回は、対談形式での取材ということだったので、香川県の中でも寒暖差があり水と空気がきれいな、まんのう町琴南地区で農薬・除草剤・化学肥料を使わず野菜を栽培している、コモンハンズさんにこちらからお声を掛けさせて頂き、対談させて頂きました。

コモンハンズの砂岡さんも関東からのIターン移住者で、東日本大震災を機に香川への移住を決意したそうです。

丸亀市の「よしむら農園」で約6年勤めて農業を学び、昨年独立し《コモンハンズ》をスタートしたのだそうです。

アゼヤファームと同じ農薬・除草剤・化学肥料を使わずに沢山の野菜やハーブをたったお一人で栽培しているというスゴイお方。

実は、畔家のお弁当にもコモンハンズさんのお野菜は前から使わせて頂いています。

基本は自家栽培のお米とお野菜を使うのですが、年間通して安定して収穫できるわけではないので、地産のお野菜を使うことになります。そこで偶然イベントで知り合いお話を伺ったところ無農薬栽培をされていることを知り、昨年からお野菜を使わせてもらっています。

農薬・除草剤・化学肥料を使わないから美味しいということはありませんが、とっても美味しいのです!そして何より安心してサッと洗っただけで野菜全ての部分を使うことができますし、何より生命を力強く感じます。

残念ですが、一般のスーパーに並ぶ粒ぞろいの綺麗な野菜に生命を感じたことはありません。

興味がある方は是非畔家のワークショップやボランティアにご参加ください。

今月号のNICE TOWNは43周年記念で3万5千円分のクーポンもついて超お得です!

NICETOWN